記事一覧

週末お出掛けスポット 宮廷服から「 ギャルソン」まで展示する展覧会

アップロードファイル 12-1.jpgアップロードファイル 12-2.jpg

東京・表参道のジャイル ギャラリー(GYRE GALLERY)はリニューアル第2弾のイベントとして編集者の野村訓市が企画した写真展「LOOKIN THROUGH THE WINDOW」を7月20日〜8月30日に開催する。

同展のテーマは“20代、30代、40代の世代を代表する写真家が表現したファッションフォトの今”で、各世代を代表するファッションフォトグラファーが撮り下ろした作品を展示する。20代は石田真澄、ブランドパロディ30代は小浪次郎、40代は水谷太郎が参加し、クライアントの制約から離れて、それぞれが思うファッションフォトを同じテーマのもとに制作。SNSが全盛の時代において意味合いが変わってきたファッションフォトの存在価値と未来を提示する。企画には「ギンザ(GINZA)」(マガジンハウス)元編集長の中島敏子も参加し、アートディレクションは峯崎ノリテルが担当する。19日の19〜21時にはオープニングレセプションも開催する。

水谷太郎は1975年東京都生まれ。ファッション、コマーシャル・フォトを中心に活動している。13年には個展「New Journal」を開催し、2015年にはアートディレクターの永戸鉄也との共作「Still Scape」を発表。16年に「KYOTOGRAPHIE京都国際写真展」に「KG+特別展」として参加。17年には「アンダーカバー(UNDER COVER)」の写真集「Chaos / Balance」を出版し、東京・表参道のブックマーク(BOOKMARC)で出版イベントも開催した。

小浪次郎は1986年東京都生まれ。父親を撮影し続け、絶妙な親子の距離感の中で撮影された写真が高い評価を得る。2010年に「富士フォトサロン新人賞」を受賞後、13年に写真集「父をみる」を出版。ファッションやカルチャー誌のほか、ファッションブランドのカタログや広告、CDジャケット、アーティスト写真なども手掛ける。16年に活動拠点をNYに移し、「ザ・ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)」や「インタビュー マガジン(INTERVIEW MAGAZINE)」などで作品を発表している。

石田真澄は1998年埼玉県生まれ。2017年に初の個展「GINGER ALE」を開催し、18年に初作品集「light year -光年-」を出版。その後は「ギンザ」(マガジンハウス)や「シュプール(SPUR)」(集英社)「スイッチ(SWITCH)」(スイッチ・パブリッシング)「ポパイ(POPEYE)」(マガジンハウス)などの雑誌で活躍する。そのほか、大塚製薬「カロリーメイト」の18年の広告キャンペーンやソフトバンク(Softbank)の2019年の広告キャンペーンなどの写真も手掛けている。

「ポーター」が“ディスクユニオン”仕様のレコードバッグ発売

アップロードファイル 10-1.jpgアップロードファイル 10-2.jpgアップロードファイル 10-3.jpg

クラチカ ヨシダ 表参道 the PORTER Galleryは4月1〜30日、レコードショップのディスクユニオン(diskunion)とコラボしたイベント「diskunion in the PORTER Gallery」を開催する。期間中はレコードやプレーヤー、関連書籍、雑貨を展示・販売する。

 昨年ディスクユニオンとコラボして完売したレコードバッグを改良。ディスクユニオン×レコード・ストア・デイ(RECORD STORE DAY)×「ポーター(PORTER)」のトリプルコラボとして先行限定発売する。同アイテムは、デイリーユースなレコードバッグをコンセプトにした3WAYバッグで、表面にテフロン加工、裏面にPVC加工を施して撥水性と防汚性に優れる。“PORTER”ロゴやステッチ、内装ポケットなどはディスクユニオンを想起させる赤色を配した。価格は2万5000円(税込み)。

 レコード・ストア・デイは年に一度開催されるアメリカ発のレコードの祭典で、2017年は4月22日がそれにあたる。レコードショップに行き、アナログレコードを手にする面白さや音楽の楽しさを共有することを目指し、世界21カ国の数百のショップが参加する。「diskunion in the PORTER Gallery」も参加店舗として限定商品を販売する他、レコードの店頭演奏やDJイベントを行う。

ワンピースが主役のラフなフェススタイルに夢中

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-2.jpgアップロードファイル 8-3.jpg

ワンピースをさらっと着てフェスに行く、そんなラフさが可愛いファッショニスタをクローズアップ! アクセサリーやバッグなど、テクニックの効いた小物使いもチェック必至☆

90sチックなオールインワンをさらっと1枚で着こなすグランジルック。ブレイズヘアとの相性もバッチリ。

オフホワイトのワンピ×かごバッグの大人カジュアルコーデ。アクセントにブルーのスニーカーをチョイス。

赤いペイズリー柄キャミワンピにブラック小物を合わせて、コーデ全体を引き締めて。ミラーサングラスで遊び心をオン!

シティGIRLのフェスルックは“モード”が鍵。黒のノーマルワンピにフリンジ付き花柄ストールを羽織って70sチックに。

ボヘミアンな刺繍ワンピースに、ハット&コンバースを合わせてストリートライクにアップデート。

小柄ワンピ、ビッグサングラス、ハット、巾着バッグで作るレトロスタイル。悪天候にも負けないレインブーツはマストハブ!

鮮やかな蝶々柄が目を引くキャミワンピを引き立てるため、アクセサリーはシンプルな物をチョイスして。

シルエットにこだわったワンピとミニバッグで上品にまとめたレディのフェススタイル。ボタニカル柄で夏らしい印象に。

ストロベリー、フラワー、蝶々などkawaii要素が詰まったプリントワンピ。フェスコーデ定番のスニーカーはカラーで遊んで!

ボーイッシュなヘアとガーリーなワンピが絶妙にマッチ。レースアップシューズでハンサムガールを意識して。

ケッズのおすすめメンズスニーカーとコーデ特集

アップロードファイル 4-1.jpgアップロードファイル 4-2.jpgアップロードファイル 4-3.jpgアップロードファイル 4-4.jpgアップロードファイル 4-5.jpg

スニーカーの起源とも言われているKeds(ケッズ)は、創業100年以上経つ現在でも当時と変わらないデザインのスニーカーを展開。今回は、そんな今も長く愛され続けるスニーカーブランドKedsのコーディネートをご紹介します。
ケッズというブランドが誕生した1917年は、まだアメリカにスニーカーという言葉がない時代でした。そんな時に、当時ラバー会社だったUSラバー社が20年かけて開発した30個ほどの靴をまとめてケッズを立ち上げました。

また、当時の靴は一足10万円ほどでしたが、ケッズは10分の1の1万円で販売。立ち上げ当初から、アメリカ全土に衝撃を与えます。

現在では定番となっているスニーカーという言葉はこの頃誕生。Kedsは発売した靴を静かな靴というキャッチコピーで売り出し、Sneak(忍び寄る)という単語から派生して生まれました。それから100年以上、スニーカーという言葉が現在まで定着しています。
黒のギンガムチェックシャツをメインに同系色の色でまとめたスタイル。上品でもありモダンな雰囲気を演出しています。カジュアルなアイテムでもシックな色味でまとめれば、上品だったりモダンなコーディネートを作ることが可能です。

全体的に少し重たい印象を調和するために足元には抜け感のあるスリッポンタイプをチョイス。ゆったりとしたシルエットのアイテムで、重苦しいイメージを和らげています。
花柄シャツとストローハットを使用した春らしい季節感のあるメンズコーディネート。ボトムとスニーカーをモノトーンにすることで、インパクトの強い花柄シャツもポイントとなって上手く馴染んでいます。

また、ボトムをリブパンツにしているのもポイント。そうすることで足元に合わせたスニーカーのシルエット全体が見え、スッキリとしたスタイルに仕上がります。
パーカーにショーツといったラフなメンズコーディネートにケッズのスニーカーを合わせたスタイル。リラックスした雰囲気はありながらも、おしゃれなコーディネートに仕上がっています。

Tシャツとハーフパンツのような夏アイテムを着用した際はパーカーなどのライトアウターを羽織れば温度調節もきますし、タイトなショートパンツとも相性がいいですね。夏はホワイトのアイテムを積極的に取り入れていきましょう。
このようなホワイトのカットソーに青のカーディガンを合わせた清潔感あるレイヤードコーデが夏に向けておすすめ。ボトムとスニーカーを黒で統一することでトップスが映えていますね。ビビッドなカラーも下半身をシックなカラーで統一することで、大人ぽく着こなせますよ。

また、ボトムと靴の色を揃えれば足を長く見せる視覚効果も。シンプルですが、随所にこだわりが見られるコーデですね。
シンプルなボーダーカットソーに黒のカーディガン・カーキのカーゴパンツを合わせたメンズコーデ。特筆したいアイテムとしてはゆるめのコットンパンツですね。裾幅の広いアイテムは全体のコーディネートが難しいですが、こちらは程よいバランスで上手く着こなしていますね。

こちらのメンズコーデのように丈の長いパンツは裾をロールアップするのがおすすめ。
こちらはブルーのテーラードジャケットにパーカーをレイヤードし、ボトムはワイドパンツでシルエットに変化をつけたAラインコーデ。フォーマルなジャケットがカジュアルダウンしているのもポイントです。

ローカットのケッズスニーカーは、ワイドパンツとのバランスを考えてチョイス。足元がスッキリしていることで、ワイドなシルエットが引き立っています。
ダークトーンの色のみを使用したコーディネートは、首に巻いたスカーフがコーデのポイントになっています。クラシカルな雰囲気を演出しており、落ち着いたスタイルに仕上がっています。

使用しているアイテムはスニーカー含め全てカジュアルなものばかり。着こなしや合わせ方次第で、カジュアルなアイテムも印象を変えることができます。
ボーダーカットソーやベージュショーツなど、ベーシックアイテムのみでまとめたメンズコーデ。ケッズスニーカーもシンプルなデザインなので、すんなり馴染んでいます。ポイントはボーダーカットソーの下にレイヤードされたターコイズブルーアンダーウェア。ベージュショーツとの間からさりげなく見えており、差し色として生きています。
先ほどと同じくボーダーカットソーを使用したコーディネートですが、こちらはカジュアルよりも都会的なスタイル。白シャツをレイヤードし、底の白いスニーカーが全身に統一感を出しています。

下半分は膝上の短めのショーツにスリッポンとカジュアルなアイテムをチョイス。カジュアルとドレッシーさな部分を上手くMIXすることでタウンユースに落とし込まれているコーデですね。
ブルーのシャンブレーシャツに、同系色のデニムパンツを合わせたトーンオントーンコーデ。濃淡があるスタイルは一色使いでもメリハリがあって簡単におしゃれに見せることができます。また、ブルー系の色なので爽やかな雰囲気も演出。

カッチリしていて涼しげなスタイルは、これからのシーズンにぴったりと言っても過言ではありません。
チャコールグレーのTシャツにデニム・ケッズスニーカーのシンプルなコーディネート。ここのコーデの主役ろなるのは腰に巻いたチェックシャツですね。シンプルなスタイルに一つアクセントをつけることで、1ランク上の着こなしに変化します。

シンプルなアイテムやチェックシャツは皆さんが必ずと言っていいほどお持ちだと思うので、ぜひシンプルなコーディネートに合わせてみてくださいね。
ケッズのスリッポンを外しとしたアメカジスタイル。アウトドアなアイテムを合わせることで、無骨な雰囲気を持ったメンズスタイルに仕上げています。また、バケットハットもその雰囲気を強調。ミリタリーとはまた違った、男らしさのあるコーディネートです。
裾が余ったデニムにパーカーにラバーソールスニーカーを合わせたスタイル。形式張っていないストリートライクなコーディネートが男らしさを演出。また、全体的に淡いトーンのアイテムをチョイスし、白のケッズスニーカーは、Tシャツと揃えて軽やかに演出。
シンプルな白Tシャツにドット柄パンツを合わせたスタイル。柄アイテムをボトムに持ってくることで、個性的なコーディネートに格上げされています。また、モノトーン配色にまとめているのもポイント。インパクトのあるアイテムを使ったスタイルも、スタイリッシュに見せています。足元のスニーカーは、白Tシャツと統一。
カーキのミリタリーシャツをメインに、デニム・スニーカーを合わせた王道のアメカジコーデ。シャツのシルエットをルーズにし、ボトムをタイトにしてYラインシルエットを形成しているため足が長く見えます。

スニーカーは、無難に黒を合わせてコーディネートに馴染ませるぐらいがちょうどいいでしょう。
キャンバス素材を使用したローテクなデザイン。つま先に向かって細くなっているため、スタイリッシュに履くことができます。色はネイビーで使いやすさは抜群。トップスやボトムにビビッドカラーのアイテムを持ってきても、すんなり馴染みます。一足持っておくとかなり便利なスニーカーと言えるでしょう。
シンプルでクラシックなデザインのアンカーは、ソールが少し暑くなっているのが特徴。少し身長を高く見せることができるため、低身長で悩んでいる方におすすめです。また、履き口とインソールにはクッションを搭載。足あたりがよく、長時間歩いても衝撃を吸収してくれて疲れません。

素晴らしい履き心地とデザインは、これからのファッションに欠かせないでしょう。
スニーカーの形をしていますが、紐がなく楽に着脱できるスリッポンタイプになっています。洗い加工をして、ビンテージライクな雰囲気が表現されているのも魅力。インソールは青色で先ほどと同じクッション性に優れたものが搭載されています。

履き方も自由自在で従来のスリッポン通り履いてもいいですし、かかとを踏んで履くことも可能です。
同じくこちらもスリッポンタイプ。ネイビーキャンバスで作られており、リラックス感のあるスニーカーですが、上品な印象も与えられます。また、従来なら丸みを帯びたシルエットをしていますがケッズのスリッポンはシャープなシルエット。カジュアルなコーディネートのみならず、きれいめなコーディネートにも使えます。
ヒール部分に猫のデザインがあしらわれた可愛らしいスニーカー。アメリカのトップアーティスト、テイラー・スイフトとのコラボで女性らしいですが、男性でも履けるサイズも展開されています。黒とゴールドのゴージャスな色合いに、ひも部分につけられたチャームがポイント。カップルでペアルックにして楽しむこともおすすめ。
丈がミドルカットになっているチャッカブーツスニーカー。程よくボリュームがあり、スキニーなど細身のボトムと組み合わせてもバランスよくコーディネートできます。これからの季節ブーツだと暑苦しいですが、チャッカスニーカーならその悩みも解消できてカジュアルな雰囲気を演出。
全面にフラワープリントがあしらわれたデザインで、春らしい季節感のあるスニーカー。ベースがネイビーなので、可愛らしいフラワープリントも引き締まっており女性らしく見えません。コーディネートに季節感を取り入れるなら、足元からとりいれてみてくださいね。

シンプルなスタイルにフラワープリントのスニーカーを合わせてみてはいかがでしょうか。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ